平成19年春期試験午前問題 問74

システムの運用設計においては,運用操作ミスを防止するために,あらゆる場合を想定した設計を行うことが大切である。これまでの経験を生かしながら,未知の状況を先読みして対処手順の検討,問題点の所在の確認を行う必要がある。これをまとめるときに活用できる手法はどれか。

  • PDPC法
  • アローダイアグラム法
  • 系統図法
  • 連関図法
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:企業活動
小分類:OR・IE
  • 正しい。PDPC法(Process Decision Program Chart)は、ある計画における目的達成のためのすべてのルートを図解で表すことで、最適ルートを決定するための方法です。
  • アローダイアグラム法は、プロジェクトの各作業間の関連性や順序関係を視覚的に表現する図です。
  • 系統図法は、目的・目標を達成するための手段・方策を順次展開し,最適な手段・方策を追求していく方法です。
  • 連関図法は、複雑な要因の絡み合う事象について,その事象間の因果関係を明らかにする方法です。

Pagetop