平成19年秋期試験午前問題 問33

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
平均故障間隔がx時間,平均修理時間がy時間のシステムがある。使用条件が変わったので,平均故障間隔,平均修理時間がともに従来の1.5 倍になった。新しい使用条件での稼働率はどうなるか。

  • x,yの値によって変化するが,従来の稼働率よりは大きい値になる。
  • 従来の稼働率と同じ値である。
  • 従来の稼働率の1.5倍になる。
  • 従来の稼働率の2/3倍になる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの評価指標
稼働率を求める式は「MTBF/(MTBF+MTTR)」です。問題文の平均故障間隔がMTBF(Mean Time Between Failures)、平均修理時間がMTTR(Mean Time To Repair)に相当します。

MTBFとMTTRがともに1.5倍になった場合の稼働率を考えると、

 1.5MTBF/(1.5MTBF+1.5MTTR)
=1.5MTBF/(1.5(MTBF+MTTR))
=MTBF/(MTBF+MTTR)

と式を変形できるので、稼働率は従来のシステムと同じになることがわかります。したがって正解は「イ」です。

この問題の出題歴


Pagetop