平成18年春期試験午前問題 問45

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
動的デバッグツールの一つであるトレーサの説明として,適切なものはどれか。

  • プログラム中に埋め込んだデバッグ用のコードを実行するたびに,メモリやレジスタの内容を書き出す。
  • プログラムの異常終了時に,メモリやレジスタの内容を書き出す。
  • プログラムの実行過程を時系列的にモニタリングするために,メモリやレジスタの内容を書き出す。
  • プログラムの動作に必要となる環境を擬似的に作り出す。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア
小分類:開発ツール
トレーサは、プログラムの命令の実行順序、実行結果などの履歴情報を時系列に出力するツールです。プログラムのステップごとに誤りがないかどうかを検証するときに有効です。
  • スナップショットダンプの説明です。
  • メモリダンプの説明です。
  • 正しい。トレーサの説明です。
  • シミュレータの説明です。

Pagetop