平成18年秋期試験午前問題 問72

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
ROEを説明したものはどれか。

  • 企業が保有する総資産に対する収益性を示す指標
  • 自己資本と総資本の比率から,財務体質の健全性を示す指標
  • 自己資本と他人資本の有効活用の度合いを計る指標
  • 自己資本に対する収益性を示す指標
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:企業活動
小分類:会計・財務
ROE(Return on Equity:自己資本利益率)は、ある企業が、一年間の企業活動を通じて「株主の投資額に比してどれだけ効率的に利益を獲得したか」を判断するのに用いられる指標です。株主資本に対する利益の割合なので、ROEは株主が投資を行うときの目安の1つとなります。
  • 総資産利益率(Return On Asset,ROA)の説明です。当期純損益を総資産で割った数値で、収益性と効率性を同時に示す指標です。
  • 自己資本比率の説明です。数値が高いほど負債(借金)が少ないことになり、一般に健全な経営と判断されます。
  • 総資本回転率の説明です。1年間に売上によって総資本が何回入れ替わったかを表す指標で、総資本回転率が大きいほど効率よく売上を生んでいる企業であると言えます。
  • 正しい。ROEの説明です。

Pagetop