平成18年秋期試験午前問題 問65

ディジタル署名を通信に利用する主な目的は二つある。一つは,メッセージの発信者を受信者が確認することである。もう一つの目的はどれか。

  • 署名が行われた後でメッセージに変更が加えられていないかどうかを,受信者が確認すること。
  • 送信の途中でメッセージが不当に解読されていないことを,受信者が確認すること
  • 発信者のIDを受信者が確認すること
  • 秘密鍵を返信してよいかどうかを受信者が確認すること
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ
ディジタル署名は、公開鍵暗号方式を使ってディジタル文書の正当性を保証する技術で、ディジタル署名を利用して確認できることは「発信元が正当であるか」と「改ざんの有無」の2点です。また改ざんの検知はできますが改ざん部位の特定、および訂正機能はもっていません。

したがって確認できることは「ア」の記述にある改ざんの有無が適切です。

この問題の出題歴


Pagetop