平成17年春期試験午前問題 問33

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
新しいコンピュータシステムを選択するときに行うシステムの性能評価に関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • できる限り単純な環境で測定すべきである。プログラムの多重度も1にして,数多くのプログラムを実行すれば,評価に必要なデータを得ることができる。
  • 比較的単純で理解しやすいプログラムをテスト用に作成し,必要に応じて繰り返し実行して性能を測定すれば,実際の利用形態に近い評価を行うことができる。
  • メモリ容量や入出力装置の構成の違いによる影響を受けにくいテストプログラムを用いれば,精度の高い評価を行うことができる。
  • よく利用されるプログラムや処理時間が重要なプログラムなどを使って測定すれば,評価に必要なデータを得ることができる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの評価指標
  • 単純な環境で何回実施しても限定的なデータしか得られないため不適切です。
  • テスト用のプログラムを用いた評価では、実環境との隔たりが大きく、精度の高いデータが得られないため不適切です。
  • システム全体の性能評価にならないため不適切です。
  • 正しい。システムの性能評価では、実際の利用条件や環境と同じような状況下で行うことで精度の高いデータが得られます。もし環境が用意できなければ、用途に合わせた典型的なベンチマークプログラムを実行することで客観的な評価が得られます。

この問題の出題歴


Pagetop