平成17年秋期試験午前問題 問71

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
企業経営で用いられるベンチマーキングを説明したものはどれか。

  • 業務のプロセスを再設計し,情報技術を十分に活用して,企業の体質や構造を抜本的に変革することである。
  • 経営目標設定の際のベストプラクティスを求めるために,最強の競合相手又は先進企業と比較して,製品,サービス及び実践方法を定性的・定量的に把握することである。
  • 品質向上のために,あらゆる部門が一体となって品質管理を推進し,自社製品の品質向上度を検討し,他社競合製品の品質と比較することである。
  • 利益をもたらすことのできる,他社より優越した自社独自のスキルや技術を選び出すことである。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:経営戦略マネジメント
小分類:経営戦略手法
ベンチマーキングは、自社の製品・サービス及びプロセスを定量的・定性的に測定し、それを業界で最も成功を収めている企業(ベスト企業)のものと比較しそのギャップを把握する企業経営で用いられる分析手法です。
分析により明らかになったギャップを埋めるためにベスト企業のベストプラクティスを参考に業務改善を進めていきます。
  • BPR(Business Process Reengineering)の説明です。
  • 正しい。ベンチマーキングの説明です。
  • TQC(Total Quality Control)の説明です。
  • コアコンピタンス経営の説明です。

この問題の出題歴


Pagetop