平成17年秋期試験午前問題 問38

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
UML(Unified Modeling Language)が定義する図のうち,オブジェクト間の相互作用を表現するためのものはどれか。

  • オブジェクト図
  • クラス図
  • コンポーネント図
  • シーケンス図
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム開発技術
小分類:ソフトウェア要件定義
UML(Unified Modeling Language)は、オブジェクト指向開発で用いられる標準表記法群で、オブジェクト間の関連や動作・構成を表現する13種の図表から構成されています。
  • オブジェクト図は、ある特定の時点でのオブジェクトのインスタンス間の静的な構造を記述する図です。
  • クラス図は、クラス、属性、クラス間の関係からシステムの構造を記述する静的な構造図です。
  • コンポーネント図は、インタフェースを介したコンポーネント同士の関係やコンポーネントの内容を表現する図です。
  • 正しい。シーケンス図は、オブジェクト間のメッセージのやり取りなどのオブジェクトの振る舞いを時系列に表す図です。

Pagetop