平成16年春期試験午前問題 問49

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
大規模なアプリケーションを開発するとき,独立性の高い部分ごとに,設計,プログラミング,テストの開発工程を反復しながら完成度を高めていく開発手法はどれか。

  • E-Rモデル
  • ウォータフォールモデル
  • スパイラルモデル
  • プロトタイプモデル
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア開発管理技術
小分類:開発プロセス・手法
  • E-Rモデルは、データベース化の対象となる実体(エンティティ)と実体の持つ属性(アトリビュート)、および実体間の関連(リレーションシップ)を表現するモデルです。
  • ウォータフォールモデルは、開発プロジェクトを時系列に「要求定義」「外部設計(概要設計)」「内部設計(詳細設計)」「開発(プログラミング)」「テスト」「運用」などの作業工程に分割し、原則として前工程が完了しないと次工程に進まないことで、前工程の成果物の品質を確保し、前工程への後戻り(手戻り)を最小限にする開発モデルです。
  • 正しい。スパイラルモデルは、ユーザの要望を取り入れながら、サブシステムごとにウォーターフォール型の開発プロセスを繰り返して進めていく開発モデルで、開発単位が独立している場合に適しています。
  • プロトタイプモデルは、システム開発プロセスの早い段階でシステムの試作品をつくり、ユーザにそのイメージを理解させ、承認を得ながら開発を進めていく開発モデルです。

Pagetop