平成16年春期試験午前問題 問41

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
モジュールA~E,共通ルーチンF,Gで構成されるプログラムを図の様なオーバレイ構造にしたとき,参照が許されるのはどれか。図は,例えばモジュールDの実行時には,主記憶にA,B,Dがロードされることを表している。また,“X→Y”はモジュールXからY内の領域をアクセスすることを表す。
41.gif

  • B→C
  • C→D
  • F→A
  • G→F
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア
小分類:オペレーティングシステム
オーバレイは、主記憶に格納できない大きいプログラムをいくつかのブロック(セグメント)に分割し、その時の処理に必要なブロックだけを主記憶にロードして実行する方式です。
オーバレイの名の通り、実行に必要となったモジュールを不必要となったモジュールが存在したのと同じ領域に上書きするため、同じ領域にロードされるモジュール同士の参照はできないことになります。このことに注目すると参照が許されるのはロードされる領域が重なっていないモジュール間だけということになります。

したがって選択肢の参照が許されるモジュール同士は、領域が重なっていない「F→A」のみです。

Pagetop