平成15年春期試験午前問題 問51

ソフトウェア開発におけるテスト技法のうち,ブラックボックステストに関する記述として,適切なものはどれか。

  • 原始プログラムを解析し,プログラムの制御の流れと変数などのデータの流れをテストするものであり,主にプログラム開発者以外の第三者が実施する。
  • プログラムが設計者の意図した機能を実現しているかどうかのテストであり,主にプログラム開発者以外の第三者が実施する。
  • プログラムのすべての命令が最低1回は実行されることを目的とするテストであり,主にプログラム開発者自身が実施する。
  • プログラムの内部構造や論理が記述された内部仕様書に基づくテストであり,主にプログラム開発者自身が実施する。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム開発技術
小分類:ソフトウェア構築
ブラックボックステストは、システムへの入力とそれに対して得られる出力だけに着目して、様々な入力に対して仕様書どおりの出力が得られるかをプログラム開発者以外が検証していくテストで、「同値分割」「限界値分析」「原因-結果グラフ」「エラー推測」などの手法があります。
システムの内部構造とは無関係に外部から見た機能について検証するのでブラックボックステストと呼ばれています。逆にプログラムの内部仕様に注目して、主にモジュールのバグを除去する目的でプログラム開発者自身が実施するテストをホワイトボックステストといいます。

選択肢の中で唯一、プログラムの内部構造について考慮していない「イ」がブラックボックステストです。

この問題の出題歴


Pagetop