平成15年春期試験午前問題 問46

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
ウォータフォールモデルの特徴のうち,システム開発の一貫性を保証するものはどれか。

  • 原則として,開発工程の後戻りは許さない。
  • システム開発を複数の工程に分割して管理する。
  • プロジェクトの組織作りが必要不可欠である。
  • 前工程から引き渡された成果物を基に,次工程の開発作業を行う。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ソフトウェア開発管理技術
小分類:開発プロセス・手法
ウォータフォールモデルとは、開発プロジェクトを時系列に「要求定義」「外部設計(概要設計)」「内部設計(詳細設計)」「開発(プログラミング)」「テスト」「運用」などの作業工程(局面、フェーズ)に分割し、開発を上流から下流に一方向に進める開発モデルのことです。
原則として、前工程が完了しないと次工程に進まない(設計中にプログラミングを開始するなどの並行作業は行わない)ことで、前工程の成果物の品質を確保し、システム開発の一貫性を保証しています。工程管理がしやすく、大規模なシステム開発に向いていますが、開発プロセスが一連の流れになっているため「工程の後戻りが難しい」「下流工程での仕様変更に柔軟に対応できない」というデメリットもあります。

選択肢のすべての記述がウォータフォールモデルの特徴を捉えていますが、「エ」の「前工程から引き渡された成果物を基に,次工程の開発作業を行う」ことで、同じ仕様に基づいて開発が行われ「システム開発の一貫性を保証する」ことができます。
なお「開発工程の後戻りは許さない」のは、「システム開発の一貫性を保証する」ことが目的ではなく、あくまでも開発効率の低下を防ぐためといえます。

Pagetop