平成15年秋期試験午前問題 問50

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
GUI画面において,キーボード操作に慣れているユーザにも,慣れていないユーザにも操作効率の良いユーザインタフェースとするための留意点として,最も適切なものはどれか。

  • キーボードで直接入力する部分は最小限にして,一覧からマウスで選択するようにする。
  • 入力伝票の形式にとらわれずに,必須項目など重要なものを画面の上の方に置く。
  • よく行う操作に対して,マウスとキーボードの両方のインタフェースを用意する。
  • よく使う機能は,マウスをダブルクリックして実行できるようにする。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ヒューマンインタフェース
小分類:ヒューマンインタフェース技術
GUI画面の設計では、さまざまな習熟度の人が利用することを念頭においてマウス、キーボードのどちらでも操作できるようにする必要があります。キーボード入力に慣れた人は、位置をポイントしてクリックするマウス操作よりもキーボードのほうが高速な操作が可能です。特にノートパソコンのようにポインティングデバイスがトラックボールのみの場合、この傾向は顕著になります。

したがって、正解は「ウ」です。
  • キーボードに慣れていない利用者には良い方策ですが、キーボードに慣れた利用者にとっては煩雑に感じられるはずです。
  • 入力画面は入力原票に近いレイアウトにすることで、入力ミスを防ぐことできます。
  • 正しい。
  • アイコンのダブルクリックなどの操作は直感的でわかりやすいですが、より早く操作できるキーボード操作について考えられていません。

この問題の出題歴


Pagetop