平成14年秋期試験午前問題 問80

情報処理技術者試験合格率アップセミナー
外部業者を利用してシステム開発を行う場合の契約に関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • 委任契約では仕事の完成責任がないので,委託側が直接指揮命令権をもつ。
  • 請負契約によるシステム開発では,特に契約に定めない限り開発されたプログラムの著作権は受託側に帰属する。
  • 請負契約,派遣契約によらず,いずれの場合のシステム開発でも,受託側には仕事の完成責任がある。
  • 派遣労働者によって開発されたプログラムに重大な欠陥が発生した場合は,派遣元に瑕疵(かし)担保責任がある。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:法務
小分類:労働関連・取引関連法規
  • 委託契約では、受託側の従業員は受託側の指揮命令の下で業務に従事します。
  • 正しい。請負契約では、特段の取り決めがない場合著作物の権利は受託側に帰属します。
  • 請負契約では完成責任が生じますが、派遣契約には完成責任はありません。
  • 派遣契約では派遣元企業の従業員が派遣先企業の指揮命令の下で作業するので、欠陥の責任を負うのは指揮命令を行った派遣先企業になります。

この問題の出題歴


Pagetop