平成14年秋期試験午前問題 問69

情報処理技術者試験合格率アップセミナー
データベースのシステム障害を回復するために,データベースの状態と,障害回復操作を開始すべき時点の情報を,適切な時間間隔で記録しておくファイルはどれか。

  • チェックポイントファイル
  • バックアップファイル
  • ロールバックファイル
  • ログファイル
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:トランザクション処理
  • 正しい。チェックポイントファイルとは、コミットされたトランザクションをデータベースに書き出すときに、その情報を記録したファイルです。
  • バックアップファイルとは、媒体障害の発生に備えてデータベースのコピーを保存したファイルです。
  • ロールバックとは、トランザクションの途中、プログラムのバグなどでアプリケーションからの応答がなくなるなど、強制終了した場合に更新前ジャーナル(ログ)を用いてデータベースをトランザクション開始直前の状態に戻す処理です。
    このとき、ジャーナルファイルに記録された更新前情報を格納するファイルをロールバックファイルといいます。
  • ログファイルとは、トランザクション開始前とコミット後の状態を保存したファイルで、ロールバックやロールフォワードによって障害から復旧するときに用いられます。ジャーナルファイルとも呼びます。

Pagetop