平成14年秋期試験午前問題 問42

情報処理技術者試験合格率アップセミナー
ERPソフトウェアパッケージに関する説明のうち,最も適切なものはどれか。

  • 企業のビジネスプロセスの分析が不要なので,比較的容易に導入できる。
  • 導入後のメンテナンスは,システム部門が担当することが望ましい。
  • 日本企業のビジネスプロセスを組み込んだ統合化システムソフトウェアである。
  • ビジネスプロセスの見直しが不可欠であり,社内のコンセンサスと経営者の決断が重要である。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:ビジネスインダストリ
小分類:ビジネスシステム
ERP(Enterprise Resource Planning)とは、企業資源計画とも呼ばれ、企業全体の経営資源を有効かつ総合的に計画・管理し、経営の効率化を図るための手法です。これを実現するための統合型(業務横断型)ソフトウェアを「ERPソフトウェアパッケージ」と呼びます。

ERPソフトウェアパッケージとは、企業活動に必要な機能(販売・生産・購買・出荷・会計など)のすべてが含まれた情報システムです。
導入することによって企業内に散在するデータの一元管理を可能にするなど、全社的な業務の統合化を推進できるメリットがあります。しかし導入する際にはERPパッケージが想定している業務モデルと現状業務とのフィットギャップ分析を行い、ERPパッケージに適合するように業務プロセスを変更するBPR(Business Process Re-engineering)が必要です。

したがって、正解は「エ」です。

この問題の出題歴


Pagetop