平成14年秋期試験午前問題 問23

情報処理技術者試験合格率アップセミナー
DVDの大容量化を可能にしている理由のうち,適切なものはどれか。

  • 磁気ヘッドの磁化強度を複数もつ。
  • 磁気ヘッドの磁化方向を複数もつ。
  • レーザ光線の光度が強い。
  • レーザ光線の波長が短い。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:コンピュータ構成要素
小分類:入出力装置
DVDとCDは共に直径12cmの円形のメディアでデータの読み取りに赤色レーザを使用しますが、DVDはCDに比べで多くのデータを記録することができます。(CD:700MB,DVD:最大17.08GB)

この違いは読み書きに使用するレーザ光の波長の違いからきています(CD:780nm,DVD:650nm)。

レーザ光を鉛筆、記録面を紙に例えると、波長の短いレーザ光は先の尖った鉛筆と考えることができます。同じ記録面のサイズでも先の尖った鉛筆(波長の短いレーザ光)で細かく書けば、たくさんの情報を書き込むことができ、記録密度を高くすることができるというわけです。
DVDは、波長650nmの赤色レーザでしたが、さらに大容量のブルーレイディスクでは波長405nmの青色レーザを使用することでDVDの約5倍の高密度記録を実現しています。

したがって正解は「エ」です。
  • 磁気ヘッドは利用していません。
  • 磁気ヘッドは利用していません。
  • レーザ光線の光度は関係ありません。
  • 正しい。

Pagetop