平成14年秋期試験午前問題 問15

情報処理技術者試験合格率アップセミナー
素子の動作は比較的遅いが,集積度を高めることが可能なので,プロセッサや周辺の回路を1個のチップに搭載した大規模LSIを安価に製造でき,プロセッサの主流として広く使用されている半導体はどれか。

  • CMOS
  • DRAM
  • ECL
  • TTL
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ハードウェア
小分類:ハードウェア
CMOSは、Complementary Metal Oxide Semiconductor の略で、現在のプロセッサの多くは、CMOSが利用されています。
なお、DRAMは主記憶用のメモリとして広く利用されています。
  • 正しい。
  • Dynamic Random Access Memoryの略。コンデンサに電荷を蓄えることにより情報を記憶し、電源供給が無くなると記憶情報も失われる揮発性メモリです。
  • Emitter-Coupled Logicの略。論理回路の実現方法の1つです。
  • Transistor Transistor Logicの略。バイポーラトランジスタと抵抗器で構成されるデジタル回路の一種です。

Pagetop