平成13年春期試験午前問題 問38

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
システムの性能評価に関する記述として,適切なものはどれか。

  • OLTP(Online Transaction Processing)では,システムの性能評価にMIPS値が用いられている。
  • 応答時間やターンアラウンドタイムは,システム運用管理者の視点に立った性能評価指標である。
  • システム資源の使用率が高くなれば,それに伴って応答時間も改善されるのが一般的である。
  • 単位時間内に処理できるトランザクションやジョブの件数は,システムの性能を評価する際に重要である。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの評価指標
  • OLTPの性能評価にはTPCベンチマークが用いられます。MIPS(Millions of Instructions Per Second)値は、1秒間に処理できる命令数を百万単位で表したCPU性能の単位です。
  • 応答時間やターンアラウンドタイムは、システム運用管理者の視点ではなく、システム利用者の視点に立った性能評価指標です。
  • システム資源の使用率が高くなれば、それに伴い応答時間が悪化するのが一般的です。
  • 正しい。単位時間内に処理できるトランザクションの件数は、システムの性能評価において重要な評価指標となります。
    なお、システムが1秒間に処理できるトランザクション数を表す単位として、TPS(Transaction Per Second)を用います。

この問題の出題歴


Pagetop