平成13年春期試験午前問題 問19

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
命令の構成に関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • オペランドの個数は,その命令で指定する主記憶の番地の個数と等しい。
  • コンピュータの種類によって命令語の長さは異なるが,一つのコンピュータでは,命令語の長さは必ず一定である。
  • 命令語長が長いコンピュータほど,命令の種類も多くなる。
  • 命令は,命令コードとオペランドで構成される。ただし,命令の種類によっては,オペランドがないものもある。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:コンピュータ構成要素
小分類:プロセッサ
  • オペランドの個数と主記憶の番地は無関係です。オペランドの数については0アドレス方式、1アドレス方式、2アドレス方式、3アドレス方式があります。
  • RISC型CPUでは命令の長さは固定されていますが、CISC型CPUでは命令ごとに長さが異なります。
  • 命令語長と命令の種類は無関係です。
  • 正しい。命令語にはオペランドがなくオペレーションコードのみの「0アドレス方式」があります。

この問題の出題歴


Pagetop