平成13年秋期試験午前問題 問64

情報処理技術者試験合格率アップセミナー
LANにおける媒体アクセス制御方式のうち,伝送媒体上でのデータフレーム衝突を検出する機能をもつ方式はどれか。

  • CSMA/CA
  • CSMA/CD
  • トークンパッシングバス
  • トークンパッシングリング
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:データ通信と制御
CSMA/CDは、Carrier Sense Multiple Access with Collision Detectionの略で、日本語に訳すと「搬送波感知多重アクセス/衝突検出方式」となります。
CSMA/CD方式は一本の同軸ケーブルに複数のコンピュータが接続されているバス型のトポロジを前提としており、次のような手順で送信が行われます。
  1. 伝送路上に他のノードからフレームが送出されていないかを確認する。
  2. 複数のクライアントは同じ回線を共用し、他者が通信をしていなければ自分の通信を開始する。
  3. 複数の通信が同時に行われた場合は衝突を検出し、送信を中止してランダム時間待ってから再び送信をする。
したがって衝突を検出する仕組みを持つ方式は「CSMA/CD」が適切です。
  • CSMA/CAは無線LANの規格であるIEEE802.11系で使用されている通信プロトコルです。無線通信では信頼できる衝突検出の仕組みがありません。
  • 正しい。
  • トークンパッシング方式では、LAN上を高速で巡回するトークンを確認したノードのみが送信権を得るため、衝突が発生しない仕組みになっています。
  • 「ウ」と同様の理由で衝突は発生しません。

この問題の出題歴


Pagetop