平成13年秋期試験午前問題 問48

情報処理技術者試験合格率アップセミナー
ソフトウェアの分析・設計技法のうち,データ中心分析・設計技法に関する特徴を記述したものはどれか。

  • システム開発後の仕様変更は,データ構造や手続きを局所的に変更したり,追加したりすることによって比較的容易に実現できる。
  • 対象業務領域のモデル化に際して,最も安定した情報資源に着目する。
  • プログラムが最も効率よくアクセスできるようにデータ構造を設計する。
  • モジュールの独立性が高くなるようにプログラムを分割し,機能を詳細化していく。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム開発技術
小分類:ソフトウェア方式設計・詳細設計
この問題に対する解説はまだありません。

Pagetop