平成13年秋期試験午前問題 問43

情報処理技術者試験合格率アップセミナー
文書の内部形式を定めた国際規格で,文書変換を汎用的に行うための標準文書記述言語として広く普及してきているものはどれか。

  • DML
  • HTML
  • SGML
  • STEP
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:アルゴリズムとプログラミング
小分類:その他の言語
SGML(Standard Generalized Markup Language)は、文書を電子的に変換するための汎用マークアップ言語で、文書の中にタグを埋め込んで、書体や文字の大きさ、段落などを記述することができます。
タグを用いたマークアップ言語であるHTMLやXMLは、このSGMLをベースにして開発されました。
  • Data Manipulation Languageの略。SQLのうちデータを操作するための操作の集まりを示します。
  • HyperText Markup Languageの略。タグを使ってWebページの文書構造を表現するマークアップ言語です。
  • 正しい。
  • Standard for the Exchange of Product model dataの略。コンピュータが解読可能な工業製品データの表現および交換の規格です。

Pagetop