平成13年秋期試験午前問題 問25

情報処理技術者試験合格率アップセミナー
RAIDを採用した磁気ディスク装置の特徴に関する記述のうち,適切なものはどれか。

  • 個々の磁気ディスク装置のデータ転送速度が高速になる。
  • 個々の磁気ディスク装置の容量の合計よりも,はるかに大きい容量を実現できる。
  • 多数の磁気ディスク装置をアクセスする必要があるので,データのアクセス時間が長くなる。
  • 複数の磁気ディスク装置の併用によって,ディスク系の性能,信頼性の向上が期待できる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの構成
この問題に対する解説はまだありません。

この問題の出題歴


Pagetop