オリジナル模擬試験2 問69

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
RFIDを利用したものはどれか。

[出典]基本情報技術者 平成22年春期 問74

  • ICタグ
  • 磁気カード
  • バーコード
  • メモリカード
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:ビジネスインダストリ
小分類:e-ビジネス
RFIDは、ID情報を埋め込んだRFタグ(ICタグ)から電磁界や電波を用い通信可能距離は数cm~数mで無線通信をし情報をやりとりする技術です。

非接触型ICカードもRFIDを同様の技術がつかわれていて、現在使われているものには、乗車カード(Suica, PASMOなど)や電子マネー(Edyなど)など。
特徴として「見えなくても読める」ことが挙げられRFタグが目に見えない隠れた位置にあっても、タグ表面がホコリ、泥などで汚れていても読み取り可能です。このため、バーコードよりも広い用途が期待されています。
  • 正しい。
  • 磁気カードは、磁性体の帯があるカードで、その中の鉄をベースとした小さな磁性粒子の磁性を変化させることでデータを格納できるものです。
  • バーコードは、縞模様状の線の太さによって数値や文字を表す識別子です。
  • メモリカードには、電気的に書込み・消去を行うフラッシュメモリの技術が使用されています。

Pagetop