データ操作(全55問中22問目)

関係データベース管理システム(RDBMS)におけるビューに関する記述のうち,適切なものはどれか。

出典:平成24年春期 問29

  • ビューとは,名前を付けた導出表のことである。
  • ビューに対して,ビューを定義することはできない。
  • ビューの定義を行ってから,必要があれば,その基底表を定義する。
  • ビューは一つの基底表に対して一つだけ定義できる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:データ操作
ビューは、1つ以上の基礎となる基底表(DBに実データを持つ表)または他のビューから何らかの関係データベース演算によって得られた結果(導出表)に名前を付けたものです。仮想的な表なので実表とは異なり実際のデータは持っていません。
  • 正しい。
  • ビューをもとにしたビューを定義することは可能です。
  • ビューは基底表に依存するので、基底表が定義されていない状態ではビューを作成することはできません。
  • 1つの基底表をもとに複数のビューを定義することも可能です。

Pagetop