標準化関連(全14問中8問目)

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
縦・横方向に情報をもたせることによって,1次元シンボルよりも多くのデータを記録することができるコードはどれか。

出典:平成18年秋期 問70

  • Code128
  • ITFコード
  • JANコード
  • QRコード
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:法務
小分類:標準化関連
QRコードは、現在普及している二次元コードで、バーコードが横方向にしか情報を持たないのに対し、QRコードは縦横に情報を持っています。そのため、格納できる情報量が多く、数字だけでなく英字や漢字など多言語のデータも格納することが可能です。
また3隅の四角い位置検出パターンによって360度読み取り可能、汚れなどがあっても正確に読み取れるように、誤り訂正語を含むなどの特徴があります。
70.gif
  • Code128は、数字とアスキー128文字を表現できるバーコード体系の1つで、物流などに使用されています。
  • ITFコードは、1987年にJISとして制定された物流商品コードです。
  • JANコードは、バーコードに使われている国際共通商品コード体系です。
  • 正しい。

Pagetop