民生機器(全15問中5問目)

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
車載機器の性能の向上に関する記述のうち,ディープラーニングを用いているものはどれか。

出典:平成29年秋期 問74

  • 車の壁への衝突を加速度センサが検知し,エアバッグを膨らませて搭乗者をけがから守った。
  • システムが大量の画像を取得し処理することによって,歩行者と車をより確実に見分けることができるようになった。
  • 自動でアイドリングストップする装置を搭載することによって,運転経験が豊富な運転者が運転する場合よりも燃費を向上させた。
  • ナビゲーションシステムが,携帯電話回線を通してソフトウェアのアップデートを行い,地図を更新した。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:ビジネスインダストリ
小分類:民生機器
ディープラーニング(Deep Learning)は、人間や動物の脳神経をモデル化したアルゴリズム(ニューラルネットワーク)を多層化したものを用意し、それに「十分な量のデータを与えることで、人間の力なしに自動的に特徴点やパターンを学習させる」ことをいいます。人工知能分野における要素技術の1つで、深層学習とも呼ばれます。従来の機械学習と異なり、中間層の多層化によって複雑なパターンの表現と計算を可能にしていることが特徴です。
74.gif
大量のデータからシステム自身が学習する仕組みをもつのは「イ」のみなので、これがディープラーニングの活用例になります。

Pagetop