調達計画・実施(全17問中13問目)

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
情報システムの調達の際に作成されるRFIの説明はどれか。

出典:平成23年特別 問64

  • システム化の目的や業務内容などを示し,ベンダに情報の提供を依頼すること
  • 調達対象システムや調達条件などを示し,ベンダに提案書の提出を依頼すること
  • 発注元から調達先に対して,契約内容で取り決めた内容の変更を依頼すること
  • 発注元と調達先の役割分担などを確認し,契約の締結を依頼すること
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:システム企画
小分類:調達計画・実施
RFI(Request for Information,情報提供依頼書)は、企業・組織がシステム調達や業務委託をする場合や、初めての取引となるベンダ企業に対して情報の提供を依頼すること、またはその際に提出される文書のことをいいます。RFIを発行することによって相手方が保有する技術・経験や、情報技術動向、及び導入予定のシステムが技術的に実現可能であるかなどを確認することができます。この情報は要件定義や発注先候補の選定に利用できます。その後、自社の要求を取りまとめたRFP(Request for Proposal,提案依頼書)が発注先候補に対して発行されることになります。
  • 正しい。RFIの説明です。
  • RFP(Request for Proposal,提案依頼書)の説明です。
  • RFC(Request for Change,変更要求書)の説明です。調達の場合は、契約変更依頼書の方が当てはまるかもしれません。
  • 双方の役割分担を確認する文書はSOW(Statement of Work,作業範囲記述書)と呼ばれますが、契約締結を要請するという意味に当てはまる用語はありません。

この問題の出題歴


Pagetop