システム活用促進・評価(全20問中5問目)

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
ビッグデータ活用の発展過程を次の4段階に分類した場合,第4段階に該当する活用事例はどれか。

〔ビッグデータ活用の発展段階〕
第1段階:
過去や現在の事実の確認(どうだったのか)
第2段階:
過去や現在の状況の解釈(どうしてそうだったのか)
第3段階:
将来生じる可能性がある事象の予測(どうなりそうなのか)
第4段階:
将来の施策への展開(どうしたら良いのか)

出典:平成30年春期 問63

  • 製品のインターネット接続機能を用いて,販売後の製品からの多数の利用者による操作履歴をビッグデータに蓄積し,機能の使用割合を明らかにする。
  • 多数の利用者による操作履歴が蓄積されたビッグデータの分析結果を基に,当初,メーカが想定していなかった利用者の誤操作とその原因を見つけ出す。
  • ビッグデータを基に,利用者の誤操作の原因と,それによる故障率の増加を推定し,利用者の誤操作を招きにくいユーザインタフェースに改良する。
  • 利用者の誤操作が続いた場合に想定される製品の故障率の増加を,ビッグデータを用いたシミュレーションで推定する。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:システム戦略
小分類:システム活用促進・評価
事実の分析(第1段階)、新たな知見の獲得(第2段階)、将来の予測(第3段階)を行った上で施策の展開を行う「ウ」が第4段階の事例です。
  • 第1段階に該当します。
  • 第2段階に該当します。
  • 正しい。第4段階に該当します。
  • 第3段階に該当します。

Pagetop