情報システム戦略(全36問中35問目)

午前試験免除制度対応!基本情報技術者試験のeラーニング【独習ゼミ】
ERPを説明したものはどれか。

出典:平成20年秋期 問70

  • 営業活動にITを活用して営業の効率と品質を高め,売上・利益の大幅な増加や,顧客満足度の向上を目指す手法・概念である。
  • 卸売業・メーカが小売店の経営活動を支援することによって,自社との取引量の拡大につなげる手法・概念である。
  • 企業全体の経営資源を有効かつ総合的に計画して管理し,経営の効率向上を図るための手法・概念である。
  • 消費者向けや企業間の商取引を,インターネットなどの電子的なネットワークを活用して行う手法・概念である。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:システム戦略
小分類:情報システム戦略
ERP(EnterPrise Resource Planning)は、企業資源計画とも呼ばれ、企業全体の経営資源を有効かつ総合的に計画・管理し、経営の効率化を図るための手法です。これを実現するための統合型(業務横断型)ソフトウェアを「ERPパッケージ」と呼びます。
  • SFA(Sales Force Automation)の説明です。
  • リテールサポートの説明です。
  • 正しい。ERPの説明です。
  • 電子商取引(EC:Electronic commerce)の説明です。

Pagetop