ソフトウェア方式設計・詳細設計(全53問中15問目)

多相性を実現するときに,特有のものはどれか。

出典:平成26年秋期 問47

  • オーバライド
  • カプセル化
  • 多重継承
  • メッセージパッシング
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム開発技術
小分類:ソフトウェア方式設計・詳細設計
オーバライド(Override)は、上位クラスで定義されたメソッド(メンバ関数)を、下位クラスの役割に応じて再定義することです。
オブジェクト指向ではこの方法によって「同じメッセージを送ってもオブジェクトごとに異なる操作が行われる」特性である多相性を実現しています。
  • 正しい。
  • カプセル化は、データ(属性)とそのデータに対する手続きをひとつにまとめてブラックボックス化することです。
  • 多重継承は、新たなクラスを作る際に複数のクラスから継承することをいいます。
  • メッセージパッシングは、オブジェクトにメッセージを伝達することをいいます。

Pagetop