トランザクション処理 (全52問中49問目)

No.49

データベースの障害に備えて作成するバックアップファイルの管理として,適切なものはどれか。
  • 定期的にデータベース全体のバックアップファイルを新しい媒体に作成し,毎日,変更のあったデータだけの差分バックアップファイルを別の媒体に作成している。
  • データベースには重要なデータが格納されているので,そのバックアップファイルが悪用されないように,媒体にはラベルを付けないで保管している。
  • バックアップファイルの作成は,データベースを更新した人に,その都度行ってもらっている。
  • バックアップファイルを作成するときは,直前のバックアップファイルを格納した媒体に上書きするようにしている。

分類

テクノロジ系 » データベース » トランザクション処理

正解

解説

  • 正しい。
  • 重要データを保護するためにはデータを暗号化する対策が適切です。
  • 更新の度にバックアップを行うのは効率がよくありません。またデータの更新がなければバックアップを行わなわれないことも望ましい管理策とはいえません。
  • 1つのバックアップファイルのみでの運用は、ファイルの破損やバックアップ中の障害によって、データが失われてしまう可能性があるため不適切です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop