データ操作 (全55問中38問目)

No.38

関係データベースの操作に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 結合は,二つ以上の表を連結して,一つの表を生成することをいう。
  • 射影は,表の中から条件に合致した行を取り出すことをいう。
  • 選択は,表の中から特定の列を取り出すことをいう。
  • 挿入は,表に対して特定の列を挿入することをいう。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H23秋期 問35

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

  • 正しい。結合演算は、2つの表がもつ共通の属性(列)で結合を行い新しい表を作り出す操作です。
    SQLでは「WHERE 表A.属性C=表B.属性C」という構文を用いて表の結合を指定します。
  • 射影は,表の中から特定のを取り出すことをいいます。
  • 選択は,表の中から条件に合致したを取り出すことをいいます。
  • 挿入は,表に対して特定のを差し込むことをいいます。表への列の挿入はSQLのADD句で行われるため操作名としては「追加」が適当です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop