データ操作 (全55問中16問目)

No.16

列A1〜A5から成るR表に対する次のSQL文は,関係代数のどの演算に対応するか。

SELECT A1,A2,A3 FROM R
  WHERE A4='a'
  • 結合と射影
  • 差と選択
  • 選択と射影
  • 和と射影

分類

テクノロジ系 » データベース » データ操作

正解

解説

選択肢にある4つの関係演算は次のような表に対して次の操作を行います。
選択
表の中から特定の行を選択する演算
射影
表の中から特定の列を選択する演算
結合
2つ以上の表を共通の列で関連つけて結合し、新たな表とする演算
いずれかに属する行を合わせて新しい表を作る演算
表Aに存在し、表Bに存在しない行のみで新しい表を作る演算
設問のSQL文は、R表の中からA4列の値が"a"である行のA1,A2,A3列を取り出す操作を行います。

この操作ではA4列の値が"a"である行を抽出する操作が選択、列の抜き出しを行う操作が射影に相当するため、適切な組合せは「選択と射影」になります。したがって「ウ」が正解です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop