システムの評価指標 (全71問中56問目)

No.56

四つの装置A〜Dで構成されるシステム全体のアベイラビリティとして,最も近いものはどれか。ここで,個々のアベイラビリティは,AとCが0.9,BとDが0.8とする。また,並列接続部分については,いずれか一方が稼働しているとき,当該並列部分は稼働しているものとする。
33.gif/image-size:171×81
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H16春期 問14
  • 基本情報技術者 H22秋期 問19

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標

正解

解説

計算手順としては、AとCで構成される左側、次にBとDで構成される右側を計算し、最後に二つのシステムを直接につないだ時の稼働率を計算していきます。

[左側 AとC]
 1−(1−0.9)2
=1−0.12=0.99

[右側 BとD]
 1―(1−0.8)2
=1−0.22=0.96

[全体 A,C と B,D]
0.99×0.96=0.9504≒0.95

よって正解は0.95となります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop