知的財産権 (全28問中24問目)

No.24

著作権法に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • M社の業務プログラムは,分析から製造までの一切をN社が請け負って開発した。特段の契約条件がなければ,このプログラムの著作者はM社である。
  • 既存のプログラムのアイディアだけを利用して,同一目的のプログラムの全体を新たに作成した場合でも,著作権の侵害になる。
  • 著作権及び著作者人格権は,他人に譲渡することができる。
  • 日本国内においては,著作物に著作権表示が明記されていない場合でも,無断で複製して配布したときには著作権の侵害になる。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H16秋期 問80

分類

ストラテジ系 » 法務 » 知的財産権

正解

解説

  • 請負契約では、請負業者が開発した著作物の著作権は請負業者を帰属します。
  • 同一目的のプログラムであっても、その実現方法が異なれば別の著作物として扱われます。
  • 他人に譲渡することができません。
  • 正しい。日本において著作権は、登録などの手続きをすることなく、著作物の創造と同時に発生するので、表示が無い場合でも著作権法の保護対象になります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop