会計・財務 (全43問中19問目)

No.19

図は二つの会社の損益分岐点を示したものである。A社とB社の損益分析に関する記述のうち,適切なものはどれか。
77.gif/image-size:409×185
  • A社,B社ともに損益分岐点を超えた等しい売上高のとき,固定費の少ないB社の方がA社よりも利益が大きい。
  • A社はB社より変動費率が小さいので,損益分岐点を超えた等しい売上高のとき,B社に比べて利益が大きい。
  • 両社の損益分岐点は等しいので,等しい利益を生み出すために必要な売上高は両社とも等しい。
  • 両社は損益分岐点が等しく,固定費も等しいので,売上高が等しければ,損益も等しい。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H20春期 問65
  • 基本情報技術者 H17春期 問72

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

損益分岐点は、売上高と費用の合計が等しく利益が0となる売上高のことです。費用は、売上高の大小にかかわらず一定してかかる固定費、売上高の増加に比例して増加する変動費の2つに分類できます。
図中で売上高が0の状態で発生している費用が固定費でA社では70,B社では30になります。変動費は売上高−固定費で求められるため、売上高が100の時点で、
  • [A社] 100−70=30
  • [B社] 100−30=70
また売上高に対する割合である変動費率は、A社:0.3,B社:0.7になります。
  • 固定費の多さは関係なく、損益分岐点を超えると変動費率の低いA社の利益が多くなります。
  • 正しい。売上高が150の場合で計算してみると、
    • [A社] 150−70−(150×0.3)=35
    • [B社] 150−30−(150×0.7)=15
    となり、A社の方が利益額が多くなることが確認できます。
  • 損益分岐点前後の利益は売上高によって異なります。
  • 固定費はA社とB社で異なっています。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop