OR・IE (全105問中63問目)

No.63

ワークサンプリング法はどれか。
  • 観測回数・観測時刻を設定し,実地観測による観測点数の比率などから,統計的理論に基づいて作業時間を見積もる。
  • 作業動作を基本動作にまで分解して,基本動作の時間標準テーブルから,構成される基本動作の時間を合計して作業時間を求める。
  • 実際の作業動作そのものをストップウォッチで数回反復測定して,作業時間を調査する。
  • ベテランの実務担当者にアンケート調査票を記入してもらい,集計して作業時間を算出する。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H20春期 問68
  • 応用情報技術者 R1秋期 問75

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

ワークサンプリング法は、ある時点での観測対象が,作業内容のどの状態にあったかという瞬間観測を何回か行い,観察記録の回数の割合から,各作業時間がどのくらいであるかを推定する方法です。
  • 正しい。ワークサンプリング法の説明です。
  • PTS法(規定時間標準法)の説明です。
  • ストップウォッチ法(時間観測法)の説明です。
  • 経験見積り法の説明です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop