プログラミング (全19問中17問目)

No.17

プログラムの制御構造に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • “後判定繰返し”は,繰返し処理の先頭で終了条件の判定を行う。
  • “双岐選択”は,前の処理に戻るか,次の処理に進むかを選択する。
  • “多岐選択”は,二つ以上の処理を並列に行う。
  • “前判定繰返し”は,繰返し処理の本体を1回も実行しないことがある。

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » プログラミング

正解

解説

  • "後判定繰返し"では、繰返し処理の最後で終了条件の判定を行います。
    41a.gif/image-size:92×102
  • "双岐選択"は、条件判定によって2つの処理のどちらかを実行する処理です。前の処理に戻ることはありません。
    41i.gif/image-size:155×103
  • "多岐選択"は、条件判定によって2つ以上の処理のどちらかを実行する処理です。並列処理は行いません。
    41u.gif/image-size:238×103
  • 正しい。"前判定繰返し"では、返し処理の先頭で終了条件の判定を行うため、ループ内の処理が一度も実行されないことがあります。
    41e.gif/image-size:113×117
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop