アルゴリズム (全70問中32問目)

No.32

ハッシュ表探索において,同一のハッシュ値となる確率が最も低くなるのは,ハッシュ値がどの分布で近似されるときか。
  • 2項分布
  • 一様分布
  • 正規分布
  • ポアソン分布

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » アルゴリズム

正解

解説

ハッシュ表探索では、格納する値からハッシュ関数によってハッシュ値(=格納アドレス)を計算します。この計算結果が同一のハッシュ値になる確率を下げるには、ハッシュ値が散らばっていることが大事です。

一様分布は、分布中のどこを見ても要素の散らばり方が一定である分布です。これがもっともハッシュ値が同一になる可能性が低くなります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop