経営戦略手法 (全33問中25問目)

No.25

コアコンピタンス経営を説明したものはどれか。
  • 企業内に散在している知識を共有化し,全体の問題解決力を高める経営を行う。
  • 迅速な意思決定のために,組織の階層をできるだけ少なくした平型の組織構造によって経営を行う。
  • 優れた業績を上げている企業との比較分析から,自社の経営革新を行う。
  • 他社にはまねのできない,企業独自のノウハウや技術などの強みを核とした経営を行う。
  • [この問題の出題歴]
  • 初級シスアド H18春期 問62

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営戦略手法

正解

解説

コアコンピタンス経営とは、長年の企業活動により蓄積された他社と差別化できる,または競争力の源となる企業独自のノウハウや技術を生かして市場における競争優位を確立することを目指す戦略です。
  • ナレッジマネジメントの説明です。
  • フラット型組織の説明です。
  • ベンチマーキングの説明です。
  • 正しい。コアコンピタンス経営の説明です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop