経営戦略手法 (全33問中21問目)

No.21

プロダクトポートフォリオマネジメント(PPM)を説明したものはどれか
  • 自社の強みと弱み,市場における機会と脅威を,分類ごとに列挙して,事業戦略における企業の環境分析を行う。
  • 製品と市場の視点から,事業拡大の方向性を市場浸透・製品開発・市場開拓・多角化に分けて,戦略を検討する。
  • 製品の市場占有率と市場成長率から,企業がそれぞれの事業に対する経営資源の最適配分を意思決定する。
  • 製品の導入期・成長期・成熟期・衰退期の各段階に応じて,製品の改良,新品種の追加,製品廃棄などを計画する。

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営戦略手法

正解

解説

プロダクトポートフォリオマネジメントは、縦軸と横軸に「市場成長率」と「市場占有率」を設定したマトリックス図を4つの象限に区分し,製品の市場における位置付けを分析して資源配分を検討する手法です。
4つの象限は、市場内の位置付けから以下のような名称で呼ばれています。
花形(star) … [成長率:高、占有率:高]
占有率・成長率ともに高く、資金の流入も大きいが、成長に伴い占有率の維持には多額の資金の投入を必要とする分野
金のなる木(cash cow) … [成長率:低、占有率:高]
市場の成長がないため追加の投資が必要ではなく、市場占有率の高さから安定した資金・利益の流入が見込める分野
問題児(problem child) … [成長率:高、占有率:低]
成長率は高いが占有率は低いので、花形製品とするためには多額の投資が必要になる。投資が失敗し、そのまま成長率が下がれば負け犬になってしまうため、慎重な対応を必要とする分野
負け犬(dog) … [成長率:低、占有率:低]
成長率・占有率がともに低く、新たな投資による利益の増加も見込めないため市場からの撤退を検討するべき分野
67.gif/image-size:260×275
  • SWOT分析の説明です。
  • アンゾフの成長マトリクスの説明です。
  • 正しい。プロダクトポートフォリオマネジメントの説明です。
  • プロダクトライフサイクルの説明です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop