システム化計画 (全11問中6問目)

No.6

システム化計画を立案するときに考慮すべき事項はどれか。
  • 運用を考えて,自社の社員が開発する前提で検討を進める。
  • 開発,保守,運用に関する費用と投資効果を明確にする。
  • 失敗を避けるため,同業他社を調査し,同じシステムにする。
  • テスト計画,運用マニュアル及び障害対策を具体的に示す。

分類

ストラテジ系 » システム企画 » システム化計画

正解

解説

システム化計画の立案は、企画プロセスを構成するアクティビティの1つで「業務モデルの作成」,「費用対効果の予測」,「プロジェクトの目標設定」,「プロジェクト計画の作成と承認」など18のタスクがあります。

システム化計画の立案で実施されるタスクに「システム実現時の定量的,定性的効果予測を行う。また,開発,運用,保守に関する期間,体制,工数の大枠を予測し,システム実現のための費用を見積もる。費用と効果とを対比させ,システムへの投資効果と時期などを明確にする。」という項目が含まれているので正解は「イ」になります。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop