システム化計画 (全11問中10問目)

No.10

共通フレーム2007によれば,システム化計画を立案するときに考慮すべき事項はどれか。
  • 運用を考えて,できるだけ自社の社員で開発するよう検討を進める。
  • 失敗を避けるため,同業他社を調査し,同じシステムにする。
  • 情報化の構想,運用マニュアル及び障害対策を具体的に示す。
  • 情報システムの有効性及び投資効果を明確にする。

分類

ストラテジ系 » システム企画 » システム化計画

正解

解説

共通フレーム2007は、ソフトウェア産業界においての"共通の物差し"となることを目的として作成された規格。取得者と供給者双方または、システム開発に関わる全ての人が、ソフトウェアを中心としたシステムの企画、要件定義、開発、運用、保守の作業内容を共通に参照できるよう詳細に表現したり、ソフトウェア取引を明確化するための基準が記述されています。

「システム化計画の立案」は企画プロセスに含まれ、基本要件・業務要件・機能要件の定義や業務モデルの作成、経営戦略との整合性を確認する作業群(アクティビティ)です。「エ」の「費用とシステム投資効果の予測」は、このシステム化計画の立案の作業(タスク)のひとつと規定されています。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop