システム結合・適格性テスト (全3問中1問目)

No.1

ストレステストの目的はどれか。
  • システムに要求されている処理能力の限界状態における動作を確認する。
  • 実際に利用者に使ってもらうことによって,システムの使いやすさを評価する。
  • 標準的なプログラムの実行時間を計測することによって,他のコンピュータと性能を比較する。
  • プログラムの修正又は変更によって他の機能が意図しない影響を受けていないことを確認する。

分類

テクノロジ系 » システム開発技術 » システム結合・適格性テスト

正解

解説

ストレステストは、負荷テストとも呼ばれ、システムに想定される程度、またはそれ以上の負荷を短時間かけて正常に動作するかを検証するテストです。システムを高負荷状態で動作させることで、不具合を起こす可能性が非常に低い不良などの低負荷状態での検出が困難なリスク要因を発見することを目的として実施します。
  • 正しい。ストレステストの目的です。
  • ユーザビリティテストの目的です。
  • ベンチマークテストの目的です。
  • リグレッションテスト(退行テスト)の目的です。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop