通信プロトコル (全66問中4問目)

No.4

PCとWebサーバがHTTPで通信している。PCからWebサーバ宛てのパケットでは,送信元ポート番号はPC側で割り当てた50001,宛先ポート番号は80であった。WebサーバからPCへの戻りのパケットでのポート番号の組合せはどれか。
  • 34.gif/image-size:496×157

  • [出題歴]
  • 基本情報技術者 H28春期 問35

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » 通信プロトコル

正解

解説

ポート番号とは、TCP/IP通信において、コンピュータが通信に使用するプログラムを識別するための16ビットの識別子です。16ビットの整数値なので 0〜65535番 が存在し、以下のように区分されています。
0〜1023番 ウェルノウンポート番号
利用するプロトコルが決まっている
1024〜49151番 ユーザーポート番号
利用するアプリケーションが決まっている
49152〜65535番 動的・私用ポート
特に割当てがなく、一時的な使用や自動割当てに使われる
IPアドレスがネットワーク上の機器を一意に識別するものならば、ポート番号はその宛先の機器内のどのプログラムが通信を行ったのかを識別する情報です。IPアドレスとポート番号の関係は「建物の住所」と「部屋番号」の関係に似ていて、両者が揃うことで正しい宛先に届けることができます。

TCP/IPでは、IPアドレスを指定することで指定した宛先(建物に相当)に情報を届けることができますが、IPアドレスだけでは、その宛先で稼働しているどのプログラム(部屋に相当)がデータを必要としているか、またはどのプログラムからデータが送出されたのかは判別することができません。この通信対象のプログラムを識別するための情報がポート番号です。パケットを受け取った機器は、TCP/UDPヘッダ内のポート番号を確認することで、受信したデータを受け渡すプログラムを決定しています。

設問では、PCからWebサーバ宛てのパケットについて、PCのポート番号が50001番、Webサーバのポート番号が80番としていますが、これはPC上の50001番のプログラムから送信され、Webサーバ上の80番のプログラム(HTTP)が宛先という意味です。WebサーバからPCへの戻りパケットでは、送信元であるPC上の50001番のプログラムに応答を返したいので、宛先ポート番号は50001になります。応答を送信するのはWebサーバ上の80番のプログラム(HTTP)なので、送信元ポート番号は80になります。

したがって「ア」の組合せが正解です。
© 2010-2023 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop