計測・制御に関する理論 (全10問中7問目)

No.7

組込みシステムでリアルタイムOSが用いられる理由として,適切なものはどれか。
  • アプリケーションがハングアップしても,データが失われない。
  • 期待される応答時間内にタスクや割込みを処理するための仕組みが提供される。
  • グラフイカルなユーザインタフェースを容易に利用できる。
  • システムのセキュリティが保証される。

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 計測・制御に関する理論

正解

解説

リアルタイムOSは、OSの機能である資源管理のうち、時間資源の保護および実行時間の予測可能性を提供することに特化したものを指します。また高優先度のタスクが発生したときに確実に実行されるように優先度方式のスケジューリングが採用されます。

リアルタイムシステムでは入力に対して即時処理が求められます。この時間的な制約を守るために最適化されたOSであるリアルタイムOSが用いられています。

したがって正解は「期待される応答時間内にタスクや割込みを処理するための仕組みが提供される。」です。
© 2010-2022 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop