離散数学 (全101問中62問目)

No.62

浮動小数点表示法における仮数が正規化されている理由として,適切なものはどれか。
  • 固定小数点数とみなして大小関係が調べられるようにする。
  • 四則演算のアルゴリズムが簡素化できる。
  • 表現可能な数値の範囲を拡大する。
  • 有効数字のけた数を最大に保つ。

分類

テクノロジ系 » 基礎理論 » 離散数学

正解

解説

仮数の正規化とは、仮数部と指数部を調節することで仮数部の最上位の桁を0以外にする操作をいいます。正規化は、演算による丸め誤差を最小限に抑え、有効けた数を最大に保つために行われます。
© 2010-2021 基本情報技術者試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop